1. ホーム
  2. > お宮参りと祈願・祈祷
  3. > 祈願・祈祷の御案内
  4. > 地鎮祭など土地の神様への御祈願

祈願・祈祷の御案内

地鎮祭など土地の神様への御祈願

地鎮祭などの出張祭について

 家は、単なる構築物ではありません。古くから日本人は、お正月には歳神さま、お盆には祖先の御霊を家にお迎えする伝統を大切にしてきました。家とは、神さまをお迎えする特別な場所でもあるのです。それは、会社等の社屋でも同様に考えられるのではないでしょうか。昔から商家には、商売繁盛を祈りお稲荷さんをお祀りしたり、それぞれの商売により水の神様や、火の神様をお祀りしてきました。

 創業されます時や社屋を移転されますときには、社屋に社殿を設けて神様をお迎えし、社業の末永い繁栄と安全をお祈り下さい。

◇祈願の種類
「地鎮祭」  「上棟祭」  「竣工祭」  「入居清祓」  「転宅清祓」  「企業内神社・神棚の月次祭や初午祭」
「事務所・店舗開設の清祓」  「工事安全祈願」  「各種機械清祓」  「商売繁盛祈願」  「火入れ式」
「取壊清祓」  「井戸の撤去」  「樹木伐採清祓」

◇申し込み方法
 ○予約制となります。電話でお申し込み・お問い合わせ下さい。
 電話:078-371-0001(担当:祭儀課)
 FAX:078-371-1920
 ○その他
 ・一般的には依頼主が用意するものはありません。
 ・送迎の車をお出し戴く場合は、お申し出下さい。

◇初穂料
 個人の方     40,000円以上おこころざし
 企業・会社関係 50,000円以上おこころざし

地鎮祭

 「とこしずめのまつり」ともいわれ、建物など建築する際の重要なお祭りです。
 工事を始める前にその土地の神様に、これから行われる工事が安全で順調に進みますよう、また完成後建物に問題が生じないよう、土地を祓い清め、神様の守護をお願いするお祭りです。

◇お申し込み
 御予約をお願いします。電話でお問い合わせ下さい。
 電話でのお申し込みは、斎場の場所・希望の日時・参列者の人数・代表者・施主、設計者、施工者のお名前等をお伺いします。

◇その他
 出張祭には神社より、祭壇・神饌・祭器具・紙垂等を用意いたします。
 又、上棟祭には棟札も用意します。
 忌竹・注連縄・砂の用意は、依頼者様の方でお願いすることが多いにあります。

上棟祭

 「たてまえ」「むねあげ」ともいわれ、柱が立ち、棟木(むなぎ)を上げる際に行われるお祭りです。棟札(むなふだ)を中央の柱に貼り、棟木には上棟幣(じょうとうへい)を立て、魔よけとして弓矢などを置き、曳綱(ひきつな)の儀(棟木を棟に曳き上げる)、槌打(つちうち)の儀(棟木を棟に打ち固める)、散餅銭(さんぺいせん)の儀(お餅や小銭などを描く)などを行います。

竣工祭

 建物が完成し、入居するにあたり行うお祭りです。新築した建物を祓い清め、神さまに無事完成したことを奉告し、建物が末永く丈夫であること、そこに住む人々が繁栄することをお祈りします。

ページトップへ