1. ホーム
  2. > 七五三参り

七五三参り

 子供は7歳までは神様からの授かりものと言われます。七五三参りは、この間の子供の成長を奉告・感謝し、これからの無事をお祈りする神社へのお参りです。

 3歳、5歳、7歳の折々の祝の儀は、昔より、それぞれ、3歳では「髪置の儀」といって、この日を境に髪を伸ばし、おかっぱを結髪に改めるお祝いとし、5歳では「袴着の儀」といって、初めて袴を着けるお祝いとし、冠をつけて碁盤の上に立つ風習もあります。7歳では「帯解(おびとき)の儀(ぎ)」といって、着物に縫い付けている紐を取り、大人と同じ帯に替えるお祝いとし、それぞれの節目を祝う儀式といえます。

 七五三は、徳川5代将軍綱吉公が、ことのほか体が弱かった息子・徳松の健康長寿を願って、袴儀の祝いを11月15日に行ったことが武家に広まり、やがて庶民にも広まったといわれています。
いつの時代も子を思う親の気持ちは変わらないのです。

 現代では、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が、両親はじめ家族そろって神社にお参りし、今までの成長を神様に感謝し、また、これからの無事を祈ります。

湊川神社では、毎日9時~17時、七五三参りを受け付けています。予約制ではありませんので、直接社務所の受付へお越し下さい。

~七五三参りの流れ~

【1】 まずはお清めのお祓いを受けます。
【2】 神前で神職が、「祝詞(のりと)」を奏上します。これは、神様にお子様一人ひとりの名前を申し上げ、これまでの無事を感謝し、更にこれからの健やかな成長を祈るものです。
【3】 お子様自身で「玉串(たまぐし)」(榊(さかき)の枝に紅白の紙垂(しで)をつけたもの)を神前に捧げ、お参りをします。
【4】 次に、巫女さんがお神楽(かぐら)を舞って、お鈴が授けられます。
【5】 お守り、千歳飴がその席で授与されます。
また、記念メダル、おもちゃ、風船などのお土産ももらえます。

Q&A みんなの心配なことを一挙解決!

今年の七五三祝いをするのは何年生まれの子?数え年でするの?

 古来から我が国では、年齢は数え年をもってしてきました。
 数え年とは、年齢に関係なく、生まれた年を1歳、翌年を2歳として数えます。1月お正月を迎えて、新たに歳神様を戴くことによってはじまり、従って日本人全てが正月を迎えて歳を加えることになるのです。だから、諸祈願など神詣は、数え年で行うのが本義といえましょう。
 ただし、お子様の成長の具合などにより、満年齢で行われても差しつかえございません。

本年(平成28年・2016年)お祝いのお子様は次の通りです。

(数え歳の場合) (満年齢の場合)
3歳・・・ 平成26年生まれ 平成25年生まれ
5歳・・・ 平成24年生まれ 平成23年生まれ
7歳・・・ 平成22年生まれ 平成21年生まれ

御祈祷料は決まっているの?

七五三御祈祷料(初穂料)は次の通りです。
 ・お祝いのお子様お1人  7,000円以上御志納
 ・2人(兄弟・姉妹の場合) 12,000円以上御志納
 ・3人(兄弟・姉妹の場合) 14,000円以上御志納
 ※七五三パックをご利用のお子様は、プランに含まれます。詳細はコチラ

神社はいつお参りできるの?予約制?

 ご祈祷は予約制ではありません毎日ご奉仕いたします。(午前9時~午後5時)

所要時間は何分くらいですか?

 それぞれの御祈祷の時間は、おおよそ30分です。(おひとりお一人のお名前を神前に奏上いたしますので、人数により変わります。)
申込受付をされた時点で、前の回の御祈祷が終わっていればすぐに御殿へ御案内ができます。逆に、始まったばかりですと、その回が終わるまでお待ち頂くことになります。

御祈祷は御本殿で受けられますか?

 御本殿では、毎月のお祭りや季節ごとのお祭り、結婚式も斎行いたしております。
同時刻の御祈祷は、本殿横の「祈祷殿」へ御案内しております。御本殿をご希望の場合は、お祭りや結婚式が終わるまでお待ち頂きます。

11月は、3日(10:00~)に明治祭、23日(10:00~)に新嘗祭が斎行されます。また、毎月1日と25日(10:00~)には月次祭がございます。
せっかくのお祭りの日ですので、よろしければ御参列になるのもいいでしょう。
また、11月の土日祝日の15:00以降は、結婚式が予定されていることも多いです。
詳細につきましては、湊川神社社務所にお問合せ下さい。(078-371-0001)

11月は混雑していますか?

 11月15日が七五三の日ですが、11月の土・日・祝日は特別の体制を設けておりますので、スムーズに御祈願を受けて頂けます。
境内では、モンキーショーや着ぐるみとの記念撮影など、お待ちいただく間も楽しく過ごすことができます。(平日はございません。)

家族が多いのですが、一緒に御祈祷を受けられますか?

 御家族皆様が一緒に御祈祷を受けられ、参列していただけます。

御祈祷の後、みんなで食事をしたいのですが?

 御祈祷の後、皆さんでお祝い膳を囲んでの食事は、当社境内にございます、楠公会館で承っております。

着替える部屋はありますか?

 神社に着替え用の和室をご用意しています。ご自由に使っていただけます。ご祈祷の直前に着物に着替えさせてあげたり、お参りが終わったらすぐ脱がせて上げるなど、お子様にご負担なく参拝していただけます。

その他

◇衣裳のレンタルや着付けについて
 楠公会館では、七五三パック(衣裳と着付け、ヘアセット・ポイントメイク、お写真)や、付き添いの親御様の着付け、着物レンタルなどを承っております。詳細はコチラ

楠公会館078-371-0005 衣裳室078-321-0360

◇スタジオ写真について
 楠公会館の写真室をご利用下さい。11月中の土、日、祝日には館内に3箇所のスタジオを設けます。ご予約の必要はありません。
 詳細は楠公会館写真室にお問い合わせ下さい。(078-382-0178)

楠公会館078-371-0005 写真室078-382-0178

◇会食について
 ご参拝に引き続き、皆様でお祝いの会をしていただけます。楠公会館にて、七五三祝会席料理もご用意しています。詳細はコチラ
 お食事はご予約制ですので、楠公会館までお申し込み下さい。

楠公会館078-371-0005

七五三参り

ページトップへ